夫婦で行くWDW旅行記2019 | 1日目:ディズニー色溢れるアート・オブ・アニメーションに宿泊

WDW2019

こんにちは、maiiです。
世間はD23で盛り上がっていますが、引き続きWDWレポをお送りします。

空港からマジカルエクスプレスに乗車し、無事にホテルに到着。

今回3つのホテルに泊まる予定をしております。
そのはじめのホテルが、
Disney’s Art of Animation Resort(ディズニー・アート・オブ・アニメーション)です!

こちらはWDW直営ホテルでも安価なバリューグレードのホテルですが、その値段からは想像できないディズニーらしさ溢れるホテルとなっていますので、様子をお届けします!

Spotifyのプレイリストを聴きながら、ぜひお読みください。
帰国後間違いなく聴きたくなるハッピーなプレイリストです!

ホテルのチェックインについては↓こちらの記事に詳しく記載しています。


ロビーから既にディズニー一色

こちらのホテルに宿泊するのであれば、ディズニー好きな方におすすめしたいです。
理由は何と言っても、どこを見てもディズニーだから!

こちらがロビー等の入り口
チェックインカウンター

ロビー棟にはチェックインカウンターやショップ、レストランなどがあります。
私たちが訪れた時はロビーの改装中のためカウンターが短くなっていました。

ロビーの壁一面に、ホテルのテーマとなっているカーズやリトルマーメイドなどのアートが。
これを眺めているだけでチェックインまでの待ち時間は十分楽しめます。

ロビーにいるだけで「WDWに来た!」という気持ちが湧きあがります(何回目だろう)

ではここからはお待ちかねの客室へ!

敷地はこんな感じ

こちらがアート・オブ・アニメーションの地図になります。
1〜3はカーズ棟、4〜5がニモ棟、6・10がライオンキング棟、7〜9がリトルマーメイド棟となっており、ちょうどニモ棟の下にロビーの建物があります。

私たちはリトルマーメイド棟だったので、一番奥になります。

客室棟までの道のりもディズニー

リトルマーメイド棟へは、ライオンキング棟を抜けて行きます。
多少距離はあるとは思うのですが、見るものが多くそこまで負担には感じませんでした。

ニモ棟も横目でちらり

ライオンキング棟を通過するのですが、ここには奴らがいます。

そう、スカーやシェンジ・バンザイ・エドが。なかなか大きくて夜は結構怖かったです。


もちろん彼らもいますよ!

ハクナ・マタタなフォトスポット!
写真だと伝わりにくいですが、遠近法とかでなく真下にいてこの大きさです。でかい。


余談ですが、夢中で撮影していたらゲストのおじさまが親切に「写真撮ってあげるよ!」ってお声かけてくださったのでお願いしたところ、こんなショットになりました。

まさかのシンバたちが写ってない!!!!!!!(トリミングなしでこれです)

謎の背景で謎のポーズを決める私たち…

ご好意で声をかけてくださったので全く文句はないですが、確認して爆笑。
まだまだ緊張していたので、ちょっと癒されたエピソードでした…

そんなことをしながら歩けば、あっという間にリトルマーメイド棟へ到着です。

街灯までもがリトルマーメイド
エリック王子のスタチュー

ライオンキングと同様にたくさんのフォトスポットが待ち構えています。
ぜひご自身の目で見てほしいのであまり載せませんが、アニメをみていれば絶対に撮りたくなるものばかり。

それではようやく客室です

部屋の中ももちろんディズニー

どどん。アースラ様引き当てました。
リトルマーメイド棟は、アリエル・トリトン・アースラの3棟に分かれています。

外に廊下があるモーテルタイプで、オールスター・ムービー・リゾートやポップ・センチュリーと同じ形式の建物になります。
ライオンキング棟やニモ棟は内部に廊下と各部屋の入り口があるタイプのようでした。個人的にはモーテルタイプの方がアメリカっぽくて好き。

もちろんエレベーターも完備。ただ狭い&遅いので気になる方は1階を指定した方が良いかもしれません。

紫色がとにかくかわいい。マジックバンドをかざしてアンロックします。

お部屋の中ですが、声をあげるほどかわいいです。アリエル好きの方は天国のようなお部屋。

貝殻風のイラストが描かれたベッド
ミラー、可愛すぎませんか?
アイロンもプレス台もあります。セキュリティボックスも。
アメニティはシャンプー・リンス・ボディソープ・ハンドソープでした

これでバリューなのか…と思ってしまいます。室内の圧倒的可愛さに打ちひしがれました。掲載している以外にもリトルマーメイド要素色々ありましたので探して見てください。

Service Your Way Programを受けたのですが、二人で2泊ほどであれば十分なくらいタオルは置いてありました。
Service Your Way Programについてはこちらの記事をどうぞ。

広さもスーツケース2つ広げるには全く困りませんでしたよ!

ただし壁がやはり薄いせいか、隣の部屋から若干音が聞こえることもありましたので、そちらはご注意を。夜は疲れて爆睡してしまったので、特に気になりませんでした。

ウィンドウデコレーションもできたら楽しいですよね

再びロビーへ…

ロビーに戻ります!
ロビーにはInk and Paint Shopというショップがあります。

ここでおみやげの下見を。
こちらで販売されているのであれば、パークでわざわざ買って持って帰って来なくても良いですもんね。

ホテルがアニメーションをテーマにしているということでインクのボトルがたくさん並んだ店内。
ホテル限定のグッズもありました。
私たちはピンズを集めているので、アートオブアニメーションのピンズを購入!

ゲームセンターもありました。ロゴかわいい

WDW内最大のホテルプール

カーズ、ニモ、リトルマーメイドの各棟にはプールがあります。

ニモのプールはBig Blue Poolと呼ばれ、WDW内ホテルプールで最大の大きさを誇ります。
なんと水の中でディズニーソングが流れているそうです!なんて素晴らしいアイディア。

ニモのBig Blue Pool

ホテルプールは入らないからあまり興味ないなぁと思っていたのですが、結果利用することになったのでぜひホテル選びにプールも加えることをおすすめします。またそれは別の記事にて。

※Big Blue Poolは2020年秋までリハブだそうです。ご注意を!

便利なフードコートタイプのレストラン

Landscape of Flavorsと呼ばれるフードコートがショップの奥にあります。
Landscape(風景画)の名の通り、店内にはディズニーアニメの背景画が並んでおり、このシーンなんだっけ?と会話しながら食べるのも楽しいのではないでしょうか。

座席数も多めで座りやすい

食事はカウンターで頼み、トレイに乗せて、最後に精算するタイプです。
もちろんマジックバンド使えます!チップは不要。

こちらは朝食メニュー
パワーサラダとハンバーガー(各$10~15)
結構大きいグラノーラとヨーグルト($6ぐらい)

フードコートですが、夜にサラダとハンバーガーを注文した際、「サラダは何入れる?」「ハンバーガーのトッピングは?と聞かれたので、英語に慣れていないと戸惑うかもしれません。

JUNはハンバーガーのトッピングについて「NO!」と言ってしまい、まさかの野菜なしバーガーになってました。ソースもなかったので、流石に後からもらいに行きました…
トッピングなしにしないようにご注意を!

ベーコンチーズバーガーには2つサイドディッシュが選べます。ポテトとコールスローにしました。

パワーサラダを注文しましたが、こちらは微妙でした。ドレッシングが多すぎる!
カップケーキは激甘でした。わかっていたけど、あまりの可愛さにどうしても食べたかった…

Grab&Go(オーダー不要の商品)もありました。ヨーグルトなど充実していたので、朝ごはんにはかなり使えると思います。(レストラン予約している場合、朝は軽い方が絶対に良いです)


さてさて、初日はチェックインを終えて、ホテルを探索しました。
疲れているのでおやすみ……とはならず。

ダウンタウンディズニーへお出かけしました!

続きは次の記事で。

↓その他のWDW記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました