夫婦で行くWDW旅行記2019 | 3日目:マジック・キングダムでキャラグリ〜ティンカー・ベル〜

WDW2019

こんにちは、maiiです。
今回もWDWレポを引き続きお送りします。

前回の記事はこちら↓

Prince Charming Regal Carrousel

シンデレラ城から出てきたところに、カルーセルがあったので乗車!(乗馬?)

Prince Charming Regal Carrouselという名前で東京と異なりますが、ぱっと見て大きな違いはないかな?

調べたところによるとこのカルーセル、1917年に建設され、その後1967年にディズニーが買い取り、Magic Kingdomへ移ったそうです。長い歴史があるんですね。

何歳でも乗れば童心に帰れるようなアトラクションです。大好き!

ティンカーベルとのグリーティング

場所は変わって、タウン・スクエア・シアターに戻ってきました。

ティンカーベルとのグリーティングです!

自分が妖精サイズになってティンクと会うので、お花やトランプが大きい。

よく見ると後ろにあるトランプ、ミッキーのデザインですね!

わたしのランヤードをみて、
「特別なピンズをたくさんもってるね!」って言ってくれた(上海のピンかな)

妖精の世界を再現しているので人間のカメラマンはいないのですが、
見えないカメラが設置されていてそこから撮影してくれます。

撮影するときには、あそこを見て!って教えてくれる。

終始、愛らしさを振りまくティンクでした。
小さくて愛嬌があってとっても可愛かった〜!

その他のグリーティングはこちらにまとめています。



それでは、続きは次の記事で。

↓その他のWDW記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました