夫婦で行くWDW旅行記2019 | 2日目:フラワー&ガーデンとフローズン・エバー・アフター

WDW2019

こんにちは、maiiです。
WDWレポを引き続きお送りします。

前回の記事はこちら↓

フラワー&ガーデンフェスティバルへ寄り道

ソアリンにさらりと乗ってしまいましたので、ちょっと余裕が出てきました。
次はお待ちかねのフローズン・エバー・アフター(Frozen Ever After)へ。

ソアリンのあるフューチャーワールドから、ワールドショーケースへエリアを移動です。

フローズン・エバー・アフターのあるノルウェー館の位置は、ワールドショーケースの中でもフューチャーワールドに近く、湖を中心に時計回りに進めばあっという間に到着します。

エプコットでは、ちょうど私たちが訪れた時にはフラワー&ガーデンフェスティバル(Flower&Garden Festival)と呼ばれるイベントが行われていました。

ワールドショーケースへの道のりにガーデンエリアがあり、ついつい寄り道。
カラフルなお花たちやディズニーキャラクターを象ったトピアリーがあり、とても華やかな雰囲気です。

トイストーリー4公開直前だったので推されてました

この時期しか行なっていないイベントで、写真映えが素晴らしくカメラを手放せませんでした。(WDW内は撮りたい場所が多すぎて常にカメラ構えている感じでしたが…)

季節イベント限定の写真はフォトパスで

また、この辺りにはフォトパスカメラマンさんがたくさんいます!驚くほど、たくさんいます!

こんなフレームボードを持たせてくれたりします。可愛い!

トピアリー前でも撮影していました。スペースシップアースと青空とグーフィー!

これらの写真はメモリーメーカーに登録していれば、後日ダウンロードができます。詳細はこちらに。

エプコット全体でのイベントですので、他のエリアでも様々な催し物を開催していました。そちらはまた別の記事でアップします。

ノルウェー館でみたものは…

フューチャーワールドを後にし、ノルウェー館へ向かいます。

こちらにもアナ雪のフラワー&ガーデンのモニュメントがありました。

ちょっとだけ怖い、けど撮影。
エリア内にはノルウェーの協会の展示施設もあります

ここに来て、初めての行列に出会いました。並んでいるのは”Royal Sommerhus“と書かれた建物。

そうです。アナとエルサのグリーティングです。

並んでいた理由としては、EMHの時間帯にはこのグリーティングは行なっておらずオープン前だったため、みなさん待ちをしていたようです。
恐らくこの時点で開園10分前だったので、他に用事がなければ並ぶよね…と納得。

私たちも行く予定はしていましたが、まずは先にアトラクションです。

待ち時間10分!?早朝のフローズン・エバー・アフター

こちらが入り口。

このアトラクションは元々マウルストラム(Maelstrom)というバイキングで川を下るアトラクションでした。(わたしも20年前にも乗った記憶があります)
こちらが土台はそのままリニューアルし、2016年にアナと雪の女王のアトラクションとして生まれ変わりました。

ワールドショーケースでは国ごとの伝統的な建造物が立ち並び、一見アトラクションっぽく見えない外観になっています。
ですので、こちらも同様にあまり目立たない見た目で他の建物に馴染むよう設計されていますね。

さてスタンバイは…10分待ち。恐らく開園5分前です。
アトラクション1つ乗ったのに、です。すごいねEMH。

屋内のキューラインは夜のアランデール。日本にはないアナと雪の女王のアトラクションということでちょっとしたプロップも新鮮でした。あと、雪山にいた彼を思い出しながら並んでいるといいことあります。

そしてこれまたあっという間の乗車。

このアトラクションは本編のあとのお話
今回はエルサが氷のお城に招待してくれるというストーリーラインだけわかっていれば楽しめます!

感想ですが、まずオーディオアニマトリクスが表情豊かで可愛らしい。とてもアニメに近い感じです。
また、歌っている曲とキャラクターの組み合わせが新しいのでお聞き逃しなく。歌詞も異なります。

あと!ライドフォトがあります。うっかり変な表情していました。
ボートを降りる時は”例の彼”が話しかけて来ますよ!

というわけでとても可愛いアトラクションで楽しめました。

さて実際にソアリンとフローズン・エバー・アフターどちらのスタンバイが先の方がよかったのか考えましたが、結論はどちらでも大差なかったですね。

これで朝一に行っておきたかったお目当のアトラクションたちはクリアです。
ここで大人気のアナ&エルサへ会いに行ってきます!

続く。

↓その他のWDW記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました