夫婦で行くWDW旅行記2019 | 3日目:スリル系アトラクションを制覇

WDW2019

こんにちは、maiiです。
今回もWDWレポを引き続きお送りします。

前回の記事はこちら↓

七人のこびとのマイントレイン

スプラッシュマウンテンを無事クリアしたので、続いてはマジックキングダムで一番人気のアトラクション、七人のこびとのマイントレイン(Seven Dwarfs Mine Train)です。

場所はファンタジーランドに位置しているので、スプラッシュマウンテンからは少し距離があります。
ぶらぶら散歩をしながら向かいます。

17時ごろに到着。まだまだ明るいですね!

前に並んでいた親子、VIPツアーのガイドさん(写真左側の帽子のキャストさん)と一緒だったようで、Qラインに並んでいる間に様々な説明を受けていました。

英語が堪能なら、ぜひ参加したいVIPツアーです。

さて、このアトラクションは上海でも乗ったことがありましたが、何度乗ってもハッピーになれる演出とディズニーの技術に感心してしまいます。

個人的に最も驚いたのが、フォトパスで貰える写真と動画です。

写真は上記のようなよくある感じなんですが、なんと私たちがライドしている動画が貰えます。びっくり!

後から何度も見てしまう動画になっています。素敵です。

ビッグサンダーマウンテンでファストパス利用

お次はフロンティアランドへ移動

キャンセルされてしまったスプラッシュマウンテンのFP前回記事参照)が残っていたので、Big Thunder Mountain Railroad(ビックサンダーマウンテン)で使うことにしました。

特に事前に行うことはなく、そのままFPレーンでマジックバンドをかざせば利用できます。

スタンバイ列は30分待ちでしたが、10分も並ばずに乗ることができました

走っている中、東京のパークにはない他の列車とすれ違うシーンに、おおっ!となりました。

列車の色も東京とは異なっていて、黄色や赤、緑とカラフルです。山に映えるね。

他にも演出の違いがあって面白かったです。

出口でたところでフォトパスカメラマンさんに遭遇。いい感じの写真撮ってもらいました。

回を追うごとにポージングに恥じらいが無くなってきてます(笑)

よく見ると後ろにちゃんと列車が写り込んでる。キャストさんナイス。

これで、マジックキングダムのスリル系アトラクションは全制覇です。やったね!

それでは、続きは次の記事で。

↓その他のWDW記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました