夫婦で行くWDW旅行記2019 | 3日目:マジックキングダム。レトロ・フューチャーなトゥモローランド

WDW2019

こんにちは、maiiです。
今回もWDWレポを引き続きお送りします。

ようやく3日目。マジック・キングダムにインします

前回の記事はこちら↓

3日目のスケジュール:マジック・キングダム

まずは、私たちが事前に立てていたプランをご紹介です。


OPEN(08:00)
スペース・マウンテン(Space Mountain)

08:55- 
レット・ザ・マジック・ビギン(Let the Magic Begin)

10:10-11:10 
ミート・ミッキー&ミニー・アット・タウンスクエアシアター
(Meet Mickey Mouse & Minnie Mouse at Town Square Theater) [FP]

11:45 
シンデレラ・ロイヤル・テーブル(Cinderella's Royal Table)

14:00-15:00 
スプラッシュ・マウンテン(Splash Mountain) [FP]

15:00 
ディズニー・フェスティバル・オブ・ファンタジー・パレード
(Disney Festival of Fantasy Parade)

16:15-17:15 
七人のこびとのマイントレイン(Seven Dwarfs Mine Train) [FP]

18:10 
ビー・アワー・ゲスト・レストラン(Be Our Guest Restaurant)

21:00 
ハッピリー・エバー・アフター(Happily Ever After):アトラクション/:ショーパレード/:レストラン

FastPassやレストランをたくさん予約していましたので、時間割がはっきりしたスケジュールになっていました。

なかなかこの通りには進まないのですが…それはこのあとの記事で。

チェック・アウトと朝食

3日目は、朝6時前に起床。

本日でこちらのホテルはチェックアウトです。
可愛いお部屋ともお別れ…たくさん写真を撮りました。

1時間ほどで準備を終えて出発。

ロビーまでの道のりでリスを発見!WDWには野生の動物がたくさんいます。


私たちは次のホテルに荷物を送るため、ベル・サービスで手続きをしました。

その後フードコートで簡単に朝食を取り、開園(この日はエクストラ・マジック・アワーで8時オープン)に間に合うよう出発です。

↓ホテルやフードコートの様子はこちらで。

シャトルバス乗り場からマジック・キングダムへ

時刻は7:30
マジック・キングダム行きのバスは他のパークより混み合っていました

エクストラ・マジック・アワーだったのが一番の理由だと思いますが、基本的にどのパークよりもマジック・キングダムが一番混んでいる印象です。

私たちは7:35に到着したバスに、無事乗り込むことができました。

アート・オブ・アニメーションからマジック・キングダムまでは、バスで約20分かかります。

南端にあるアート・オブ・アニメーションからWDW敷地内の最北端に位置するマジック・キングダムまでは距離が遠いため、他のパークの側を通過して進みます。

そのためか、バスのガイドさんが他パークの情報を案内をしつつ運転してくれたので、あっという間の20分でした。

ついにあの場所へ

到着すると、時刻は8時ちょうど。パークは既に開園していました。

入園ゲートはもっと混み合っているかと思ったのですが、そこまでではなかったです。
大体5分ほど並んですんなり入園することができました!

ここが、よく見るあのエントランスの花壇です!感動。
フォトパスカメラマンがいたので撮影してもらいました。

線路の下を潜ると、そこはメインストリートUSAです。

ご存知の通り、東京ディズニーランドはこのマジック・キングダムをモチーフにして作られています。

ですが、似ているようで似ていないというのが第一印象です。

ガラス屋根のあるワールド・バザールもメインストリートUSAの景観、どちらも素晴らしいですが、フロリダの青い空にはメインストリートUSAの方が似合う気がします。

ここでも、シンデレラ城をバックに写真撮影をしてもらえます。
パレードルートになっているため、空いている時に忘れないように写真を取っておいた方が良いですね!

トゥモローランドでアトラクション回り

たくさん撮影してもらった後は、トゥモローランドにGO!

東京とは異なり、大きなゲートが迎えてくれます。
近未来に来た感じがしますね!

景色が素晴らしくかっこいい

EMH中に稼働しているアトラクションは限られているので、まずはお目当てのスペース・マウンテンのスタンバイへ。

しかしスペースマウンテンへ近付いても並ぶゲストの姿が見えません。

キャストさんがするジェスチャーを見た感じ、どうやら停止している様子。

入園時には待ち時間が出ていたので、恐らく一時的なものと信じて別のアトラクションを目指します。

復旧したらすぐ乗れるよう、近くのBuzz Lightyear’s Space Ranger Spin(バズ・ライトイヤーのスペース・レンジャー・スピンへ。

これは東京ディズニーランドのバズ・ライトイヤーのアストロブラスターでおなじみのシューティング・タイプのアトラクション。

待ち時間は10分でした!

日本とほぼ同じ仕組みのようでしたが、個人的にはTDLのバージョンのが好きです(技術面は上海が一番だと思います…!)

このアトラクションもフォトパス対応しているのですが、なぜか出口のモニターに写真が表示されていませんでした。残念。

スペース・マウンテンへ再度チャレンジ…

スペース・マウンテンが再開しているか確認に向かうと、長蛇の列が!
無事に再開したようです。良かった〜!すぐに並びます。

一見、列が長く見えましたが、待ち時間は20分でした。

東京はライド2人横並びですが、マジック・キングダムは縦1列に並び乗車します。

かなり座席が低く、ボブスレーのように足の間にバーを挟み込む形になります。
荷物を置くスペースが狭いのでご注意を。

東京版と比較して体を守るものが格段に少ないのと、姿勢が低くレールにも近いため、新しいスリルがありました!

これもライドショットがあります。恐らく本格的に走り出す前にフラッシュがたかれたかと…そこまで乱れてなかったです(笑)

かざさなくても自動で反映されますが、つい。

ライドを降りてから出口まで結構歩くのですが、その出口までの通路も東京版とは異っていますのでぜひ。

それでは、続きは次の記事で。

↓その他のWDW記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました